歯科衛生士はホスピタリティが必要!歯科衛生士の仕事の特徴などをご紹介します

歯科衛生士は口内の衛生を維持するための専門職です。
狭い範囲でさらに小さな歯を清掃したり、チェックする必要があるためある程度の器用さが求められます。
特に多くの器具を使いこなす必要があるため、それぞれの特徴を理解しておかなければいけません。
仕上がりに満足してもらえれば、定期的に通ってくれる患者さんが増えることになります。
できる限り痛みを感じさせないで、虫歯予防ができることがリピーターを増やすためには重要です。

歯科衛生士はホスピタリティが必要!歯科衛生士の仕事の特徴などをご紹介します

歯科衛生士に求められる能力としてホスピタリティがあります。
日本語にすると献身性となるものですが、どれだけ患者さんのことを思って対応できるかが重要です。
基本的な技術は当然できなければいけませんが、それ以上に不安にさせないコミュニケーションも欠かせません。
歯科医院で患者と最も長く接するのは、歯科衛生士と言っても過言ではありません。
だからこそ患者との接し方の良し悪しが、その歯科医院イメージに直結することになります。

歯科衛生士の仕事内容は歯科医師の治療をサポートする

歯科医院で、歯科医師の補助をしているのが歯科衛生士ですが、仕事内容はそれだけではありません。
歯科医院の診断・治療はチーム医療で行われます。
その中で歯科衛生士は、診療の補助をするだけでなく、歯科医師の指示を受けて、治療の一部を担当することもあります。
口腔内をチェックして歯石・歯垢を機械的に清掃する作業やフッ素の塗布を行う歯科予防措置、ブラッシングの方法や歯に良いおやつの紹介などを行う歯科保健指導、医師の診断と治療がスムーズに行われるようにする歯科診療補助、この三つが歯科衛生士の三大業務です。
特に歯科保健指導では、生活習慣病である歯周病や虫歯を予防すべく、幼年期から高齢期まで各ライフステージに合わせた指導、また障害や病気の有無によるケア方法の違いに配慮した指導を行う必要があります。
寝たきりなど要介護者に対する訪問口腔ケアにも対応しなければなりません。
それら期待される仕事内容を満たすために、専門的な知識だけでなく、さまざまな状況にある患者さんに配慮したコミュニケーション能力も必要です。

歯科衛生士のやりがいは患者さんから感謝されること

歯科医院に訪れる患者さんの多くは耐えられないほどの痛みを抱えて来院し、一刻も早くその苦しみから解放されることを望んでいます。
審美歯科の場合でも歯並びや色にコンプレックスを抱いており、悩みを解消したいと考えています。
歯科衛生士はそんな患者さんの治療をサポートする重要な役割を担っており、時には感謝されることもあるやりがいのあるお仕事です。
器具の準備を行い予約時間になればすぐに治療を行える体制を整え、主治医が歯を削ればバキュームで破片や飛沫を吸引するのも安心安全のために重要です。
また、治療が怖くて怯えているお子様でも、歯科衛生士からのやさしい一言で心が落ち着き、適切な治療を完了して歯の健康を取り戻すこともあります。
痛みやコンプレックスから解放された患者さんの多くは、帰りには主治医だけではなく歯科衛生士にも感謝の意を伝えることもあり、そのたびに誰かのために役に立てたと感じ次なる仕事へのモチベーションとなります。

歯科衛生士で多い求人は歯科クリニック

歯科衛生士で多い求人は、歯科クリニックになります。
歯科クリニックには医師が存在していますが、医師だけでは治療を行うことができません。
治療の際には補助する歯科衛生士の役割が大きくなってきます。
医師が治療に集中できるようにサポートを行うことで、しっかりとした治療を行えるようになってきます。
また、患者さんに対して予防の意識を伝えることも、歯科衛生士の重要な仕事です。
お口の健康に興味がないと、虫歯や歯周病になってしまうリスクが増大してきます。
そのようなことがないように、歯科衛生士が正しいブラッシングの方法を指導していくことになります。
正しく歯を磨くことができれば、虫歯や歯周病に悩まされることがありません。
健康的なお口の中を維持していくことができるでしょう。
ほかにも仕事として歯石取りを行うなどその内容は多岐にわたってきます。
お口の中の状態を改善したいと考える方は、求人に応募してみると働くことができるでしょう。

歯科衛生士と歯科助手の違いはどこにあるのか?

歯科医院で働いている人といえば、まず最初に名前が挙がるのが歯科医師ですが、その他に歯科衛生士や歯科助手も歯科医療に関わる専門職と言うことができます。
この両者は名称が似通っていますが、仕事の内容は性質はかなり異なっています。
まず歯科衛生士ですが、こちらは診療時に歯科医師の補助をしたり、歯石除去などの予防ケアを単独で行ったりするのが主たる業務です。
小児に対して適切な歯磨きの方法を指導したりするのも、業務に含まれます。
この職種は国家資格となっており、養成施設で所定の単位を修めたうえで国家試験に合格しなければ名乗ることはできませんし、業務の多くについては担当することもできません。
一方、歯科助手の方は歯科医院における受付や電話対応、カルテの整理などの事務仕事を担当します。
名称から受ける印象ではこちらが診療補助者のようにも受け取れますが、「歯科医院の運営に必要な助手」と考えるとわかりやすくなります。
特別な資格要件は必要なく、原則として誰でもなることができますが、接遇マナーや医療事務に関する知識などは当然ながら求められます。

歯科衛生士に関する情報サイト
歯科衛生士のアレコレ

歯科衛生士は口内の衛生を維持するための専門職です。狭い範囲でさらに小さな歯を清掃したり、チェックする必要があるためある程度の器用さが求められます。特に多くの器具を使いこなす必要があるため、それぞれの特徴を理解しておかなければいけません。仕上がりに満足してもらえれば、定期的に通ってくれる患者さんが増えることになります。できる限り痛みを感じさせないで、虫歯予防ができることがリピーターを増やすためには重要です。

Search